八丁撚糸機にかける前に糸巻きをおこなう。
  糸巻き作業のあと、 このような感じで強撚糸ができるという説明
ちょうど 中央あたりで白い糸で回転をする方向が逆回転になり 前半分が 右撚り 後ろ半分が 左撚り というようにできあがる。 八丁撚糸機はこの糸をつくる装置が糸管が両サイドについていて 生産できるものもあるが、一人で全てを管理するために管理しきれる 本数にしているという。 糸巻きのバインダーも7 8の個数で巻いて いるのも同じ理由であるという。
白い糸が 上から下 下から上になっているしくみで逆回転 回転というつくり をしているため 右撚り 左撚り ができるという。 機械は電力で動き迫力がある。ほとんどが金属などでエネルギーが動いているか のような巻きとりが続く。高速回転ではない。手つむぎ糸に 負担がかからない速度のために、遅く時間がかかってしまう。 八丁撚糸機は結城紬産地で5台ないのではないか といわれている。