絣のロジック2

前回、次回は総柄について次は説明するといったが、思いつきによって、ほんとにわかりやすく伝えるためにぽかっと浮かぶときがあります。そのためぽかっと浮かんだのが飛柄の絣だったので今回順番が狂いますが、飛について述べたいと思います。(期待していた方はすみません)絣は、説明が難しいといわれ、実際問題伝えるのが難しいと今回も思いました。しかしなんとかなるとも思っています。

右の図をご覧ください。飛とよばれる絣は1,2,3,4,のように斜め前に絣を飛ばして多くの手数をほどこしたようにみせる絣です。総柄というのは、一面すべてに絣を使い、長時間の絣の仕事でありこの総柄についてはのちの作品で解説します。

通常の飛といわれるものは

三角のうえが一定方向でならんで斜め上に進んでいきます。

飛にはもうひとつ技法がありそれを向き合い(むきあい)といいます。三角が左右どちらかで反対方向になって斜め前に進んでいきます。これは着物にしたときに、背中がすべて下向きになることを嫌った着物好きさんがいて、つくられるようになった技法です。飛にはこの二つがあります。覚えて損はありませんから覚えましょう。では何故、このようなカラクリが可能なのかについては下記にて解説します。
飛の絣はタテ糸の場合、図案は巾の片方に寄って図案構成されています。これはXの中央を中心として、片側に絣をそらして飛の絣の配置をつくっているためにそうなっています。つまり右か左は意図的に、空間をつくり<間>をつくっています。職人が絣をあとから、通常の飛や向き合いになる飛の絣をずらしてタテ糸の構成をつくり、着尺は完成されるという点を最大に有効活用しているのです。
図案(飛)の参考
飛柄は、簡易的に柄(絣)の飛ばし方は左図のようになっている。A,B,C,D,Eというように着尺巾を使っている。向き合い、通常飛 というのは、前記したように中央線から半分に経糸の配列は区別されているが柄の配置はヨコでみた場合はこのように区別する。絣研究者の福井貞子さんの著書にはこうした技法的なことはおそらく載っていないと思います。(載っていたらすみません)
飛柄の絣糸

飛柄の絣糸(ヨコ)は、経糸にあわせて制作されている。 そのために飛は通常、ヨコ絣のいれ方は、織っていくbからaという順にヨコ絣はつくられてるので、すべて通常の飛の配列を経糸にした場合はb〜aという順の絣を巻いたヨコ糸の絣糸を使う。これが向き合いの絣の場合、上と下が逆となっているために、a〜bというヨコ糸の巻き方をしたヨコ絣を使う。
製品の飛 飛柄の絣