日本の染織 筒描染 躍動する染色美 筒描き(つつがき)の特徴をいえばフリーハンドの染めであり、円錐形の筒に入れた糊を絞り出しながら、あたかもデコレーションケーキをつくるときのように糊で必要な部分を描いて染める方法、といえる。大漁旗はそのダイナミックで荒削りの染めをいかたものである。糊で描いた部分だけが防染されるわけで、あたかも筒糊で絵柄を描くように見えるところから「筒描き」という名がつけられたという説がある。これは「筒引き」「糊描き」「筒置き」などとも呼ばれる。染によって模様を表現する場合、防染をおこなうのがふつうである。防染とは布地の必要な部分以外に染料がつかないようにすることでその方法には染料をつけない部分を糸で括ったり、板で締めつけたり、あるいは蠟や糊などを用いて布面を覆うなどの様々な方法がある。防染したのちに染めるのだが、それらの方法を併用したり、繰り返すことによって変化に富んだ多彩な染物がうまれる。こうした防染法による模様染めは、すでに奈良時代には行われていた。いわゆる「天平の三纈」とよばれるもので、「纐纈」(こうけち)現在の「絞り染」、「臈纈」(ろうけち)現在の「蠟染」、「夾纈」(きょうけち)現在の「板締め」とよばれるものである。糊を防染剤にした染色は「糊染め」と総称され、それぞれ、型紙を用いる「型染め」と、筒糊で手描きする「筒描き」とに分けられる。しかし、糊染めがいつ頃からどのようにして始まったのかということはいろいろな説があるがはっきりしたことはわかっていない。通説としては中国から伝えられた技法とされている。はっきりしたことは、最古の実物資料として室町時代のものが残されている、ということである。もっとも室町時代後期には型紙による糊染めが盛んにおこなわれていたようで武士の小袖やかたびらに小紋染めが多くみられ、沖縄では紅型が染められていた。江戸時代になると、糊染めはさらに盛んになり、型染めでは小紋、中形、筒描きでは茶屋染め、友禅染めなどが登場、染色の世界は華やかな模様染めの時代を迎えるのである。なかでも見逃せないのは糊防染による模様めの先駆的な茶屋染めといえる。これは夏のかたびら(帷子)に用いられ、友禅染めに先立って流行したものである。麻地に浸染で藍の濃淡に染めるのが基本で、なかには薄黄を加えて刺繍がほどこされたものもあった。しかし全般的に単彩風な染めで、絵画的な格調の高い美しさに特色があるといってよい。模様は山水、楼閣、雲取り、草花などが多く、そうした模様の輪郭部分や地の部分を筒糊や楊子糊で両面防染したわけである。非常に高度な技巧をこらしただけに手数のかかる、贅沢な染であった。糊置きだけで数ヶ月かかるものも珍しくない。布も麻とはいえ、奈良晒、越後上布、能登上布、薩摩上布などの高級苧麻布(からむし)である。この苧麻布は苧麻の繊維で織ったもので、いわゆる麻布という大麻布ではない。こうしたことからもわかるように、庶民には無縁な染物で、徳川御三家をはじめ、上級武士の女性、御殿女中くらいしか着ることができなかった。友禅染めは、こうした茶屋染めの技法を取り入れ、さらにそれ以前の描き絵、更紗、辻が花染めなどの影響を受け、単彩から多彩な部分染めへと発展させたものといってよいものである。友禅染めはカラフルでしかも複雑精緻な模様は絵画的である。このように日本独特の模様染めを生み出したのはほかならぬ「筒描き」という技法であった。かなり複雑で繊細な模様を多彩な染料で表現するためには、それなりに繊細な筒描きが要求される。たとえば、白く表れる模様の輪郭線は「糸目」とよばれるが、その糸目糊置きは色と色とが混じり合って濁ることを防ぐものであり、最も繊細な筒描きといってよい。ほかに、一色ごとに彩色した部分を糊で覆う「伏せ糊」があるが、これも筒糊でおこなわれる。無論、この糊は糯米(もちごめ)で作られるわけで、日本産の糯米の糊と筒描きという技法とが、友禅染めを生んだ大きなファクターになっているのである。 筒描きは茶屋染めや友禅染めなどの見事な模様染めをうんだ。時代を経るにしたがい友禅染めは多様な技法を取り入れて華美になり、筒描きはその一部にすぎなくなっていく。あまりにも華美ななかに埋没して現在は痕跡さえもとどめないというようになっている。そうした一方でその素朴なスタイルは庶民生活のなかで花開いた。唐草や鶴亀などに染めた風呂敷、布団地、暖簾などの生活のものに彩りをそえた。大漁旗、万祝(まいわい)などもそうである。当然のことであるが筒描きの美しさや楽しさを親しむようになるには木綿と染屋(紺屋)の普及も必要になった。木綿の布を織りはじめたのは、木綿栽培もおこなわれるようになる天文・弘治年間(1532〜1557)のころであり、庶民の衣料として普及したのは江戸時代中期以後のことである。それまで着ていた麻や植物繊維の布はごわごわしたものであって、木綿布は軽くて肌ざわりも問題にならないほど着心地のよいものとなった。糸につむぎやすく染めやすい。まさに庶民に衣服革命にちかいものをもたらした。この木綿の普及と歩調をあわせて、藍染する紺屋が全国各地に増えたのも、好都合だった。こうして筒描きをはじめ、木綿に小紋を染めたものや中形といった型染め、有松・鳴海の木綿絞りなど、さまざまな工夫をして木綿のなかに独特の染色美をうみだしていった。 筒描きの工程 下絵→青花→筒描き→乾燥→下豆汁→色挿し→伏せ糊→乾燥→地染め→水洗い→乾燥 の順序で行われる。 筒描きが盛んな江戸時代後期には、それぞれ染め職人が竹を削って手作りして美しい線や力強い線を表現するために工夫をこらした。そこに使われる糊ひとつにしても、いかに効果的に柄を染めるかと、それぞれ糊作りの秘法を生み出していった。こうして糯米に石灰や塩をまぜこんだりしてよりよい糊がうみだされていった。