らくらく着つけと帯結び きもの初めて のし結び:ダイナミックな斜めのライン 花嫁さんも結ぶ、おめでたい帯結び 文庫:やさしい曲線が女らしい比較的かんたんな結び 時代後見:控え目で、洗練された大人を感じさせる帯結び 帯揚げ、帯締めの結び方:わずかに色をのぞかせるだけで、きもののイメージをかえられる一の字(帯揚げ)花結び(帯締め)入りの字(帯揚げ)藤結 び(帯締め)など 二重太鼓:大きくふっくらと格調高く仮ひもを二本使ってかんたんに結べる 松葉太鼓:お太鼓を華やかに変形させた準礼装に向く帯結び 吉弥結び:江戸時代の人気女形、上村吉弥が考えたといわれる直線で構成されたちょっと粋な帯結び かれん結び:歩くたびに帯がフワフワと揺れるかわいらしい後ろ姿会合やパーティ向きのかんたんで華やかな帯結び 方流し:長い羽根で気になるヒップをさりげなく隠してくれる帯結び リボン結び:ポニーテールにリボンを結ぶ感覚の帯結び 引き抜き結び:ミセスになった人のための少し落ち着いた帯結び 上記のような帯結びが写真で丁寧に説明されている。 そのほか、振袖、訪問着、おしゃれ着、つむぎ、ゆかたなどの基本を紹介。女性のための本となっているようである。