1. 染色現況2014 下半期版  作成:北村陵 北村織物 本場結城紬

    2014.7.1.現在 染色に関して 指導所の力を借りて 染色の基礎を習いたい。指導所では、染色に関して完璧と呼べるデータをすでに管理している。最先端の情報と人がいきかい、もはや万全。そんな状況で熟知ある視点からすると、北村さんが産地のことを思って より 自分がどうしたいか どうしていきたいか を優先させるべきである というアドバイスが入り 染色設備は一通り道具は自腹でそろえてある。あとは技術習得のみという現況。染色も本来2014年上半期で染色実践する予定だったが、絣生産に追われて時間がくめんできずに時間が経ってしまった。絣生産が一時的にストップさせると産地は無地、縞などの単調な作品が多くなり、結局、自分がどうしたいか、の基礎の染色で無地、縞の染色の習得したという結果でかわりばえしない現実もまっているようで地獄である。そんな中でどうにか染色分野を強化したいという思いは堂々巡りがまっているような気がする。まだ染色ははやいのではないかと。

     

    さらに補足、2016年5月で化学染料を10種そろえた。まだ2014年では染織投資が終わっていなかった。化学染料をそろえなればならなかった。500gで8000円近い値段で、投資額が増えてしまった。2016年の初期投資の準備がととったわけで本格的なレクチャーをうけることにする。