天蚕の本場結城紬の昭和作品

紬の里さん

本場結城紬の昭和の作品で紬の里さんの家宝である。この本場結城紬は天蚕で生産されているので文字通り値段がつくとすれば糸だけでほぼ100万円ということになる。まずはタテのラインの縞が千筋、万筋のような細かい伝統的な縞が織り込まれその間には亀甲と蚊絣が帯状にみえるかたちで総柄となっており、一枚の布に精一杯技術をおしこめたかのような強烈な名品である。美しい結城は心洗われるものがある。