絣括り(防染)と直接染色法(捺染)の融合の結城紬
デザインに流れがありモダニズムをもっている。絣括り(防染)の技法を用いた部分がとびかう鶴(つる)の部分で、直接染色法(捺染)の技法を用いた部分が黒い絣の部分で、あいまみれることない水と油の関係にある防染と捺染が一枚におさまっている点が素晴らしい作品である。ただ残念なことにいしげ結城紬であるために資産価値は本場結城紬の10分の1以下になってしまう点であり、是非とも絣を生産した人が本場結城紬でおこなていれば名品になっていたということにつきてしまうが、むしろ絣技術の高度さを楽しむためには飾ることより着たほうが生産者には喜びとなるだろし、絣の無限にひろがる可能性と自由度を評価してあげるべきである。