雨絣(あめがすり)と縞
縞とひとことでいっても様々な種類の縞が現在では存在する。縞はしまでも今回はタテ縞という場合にしぼり、縞と関係のある絣を紹介する。 縞はタテ方向に異なる色の糸を織りタテ糸がそのまま模様になる。たとえば、二本のラインが縞になったものを二筋とよぶ。下記に記すが三本であれば三筋とよばれる。縞については詳しくは専門書が充実しているので縞の呼び名等の解説や説明はそちらにまかせたい。縞はシンプルであきのこないデザインであり、タテにのびるラインがすらっとした印象をつくりだすため世界でも縞の配色などの研究はすすめられているといえましょう。どの国の人にも愛されているといえます。
三筋 
タテ糸に絣をほどこした糸を用いて縞に属する絣を雨絣(あめがすり)といいます。雨がふっているような模様なのでそのまま絣の名称になったのでしょう。比較的には蚊絣の経を使ったものが結城では多いように思います。ヨコには絣糸を用いません。この絣原稿は、格子柄に絣があった、という意見があったため、作成した一部の記事ですが、格子柄に用いるタテ、もしくはヨコにこうした雨絣に使うような絣糸を混ぜて織った場合、ということでつくりました。雨絣は縞絣の一種ですので、格子柄に絣があったという場合、そういうケースもありえるということで紹介しました。