源氏物語(紫式部) 枕草子(清少納言) こうした日本の古典は、様々な解釈やよみとりが個々で違うのであるから、それらの古典での解釈をよんでみて、なるほどあなたはそこはそういったよみとりで、私はこう思うといった違いを意見交換することで、より古典についての広いよみかたができてきたのであるが、幼い頃から古典をよむという世代がこれから登場するのかはわからない。解説する人の多くは幼い頃からよんでいるようである。