重要無形文化財指定 結城紬 (現代編集 北村陵)

戦前、戦後を通じ、10年にわたる統制が終わり、回復を見せた結城紬も、緯糸(よこいと)に強い撚加工をした縮織物が全盛で、古い伝統を持った平織りは、年間生産量が1500反と非常に少なく、近い将来消滅するのではないかといわれた。幸い、国はこの平織りの遺法と伝統を認め、久留米、小千谷とともに昭和31年3月31日付けで<国の重要無形文化財>として指定することとなった。昭和31年3月24日の、文化財の専門審議会説明資料中に、指定理由や要件が次の如く記されている。
1、指定理由

結城紬は常陸紬ともいわれ、古くより茨城県結城市、栃木県絹村を中心として製織され、慶長の頃から結城紬と称され、江戸時代初期には、相当大量の生産をみたもののようである。結城紬は同地方において製織りされているが、稀に見る古様を伝えるもので、織り糸は真綿から引き出した紬糸、絣くくりは手くびり、織り機は最も原始的ないざり機がもちいられている。近時染色は天然藍による染色を廃し、化学染料が用いられており、又大正の初期頃より強(キョウ)撚糸を緯に用いた<お召>風な製織りが行なわれ、柄も多彩な絵柄のものがおこなわれるようになったが、ここに取り上げようとするものは、これ以前の結城紬の本来の姿である。<平>の縞、格子、絣、杢等を主としたもので、これは近来、柄もの進出に押されて、次第に生産が下り坂になっているが、水を入れても洩らぬと、いわれる結城紬本来の姿と、独特な美しさの中に、渋い味わいのあるよさは、かえってこの<平>の中に認められ、わが国染織技術中、特に芸術的な価値が高く、かつ地方的な特色が顕著なものであると考えられる。

2、指定の要件

<イ>使用する糸はすべて真綿より手つむぎしたもののみとし、強撚糸を使用しないこと。

<ロ>模様をつける場合は、手くびりによること。(スリコミ、直接染色法は含まれない。)

<ハ>いざり機(地機)で織ること。(高機は含まれない。)

3、保持者の認定

(1)保持者の認定は、糸つむぎ、絣くくり、染色、織り、仕上げ等の工程に従事する者を代表者として認定する。

(2)製織り地域が茨城県、栃木県にまたがっているので、保持者を認定する各工程について、両県より一名ずつ保持者代表として認定する。

以上について審査の結果、次の6名が代表者として認定された。

糸つむぎ部門 大里ふく 大塚いせ

絣くくり部門 北村勘一 今井五郎

織り部門   北条きの 増田かね

その後、絣くくり部門の北村勘一と今井五郎が死亡したので、昭和49年4月20日付を以て次の2名が新たに認定された。 田中林次 谷島武雄

昭和50年7月、国の文化財保護法の一部改正により、技術保持者の代表指定が団体指定に改められたため、茨城県栃木県両県合同で糸とり部門62名、絣くくり部門52名、織り部門52名、学識経験者5名の合計171名により、本場結城紬技術保持会を設立、昭和51年4月30日付を以て認定を受けた。従って従来の認定者は解除された。この技術保持会とは別に、関係市町村と茨城、栃木県両県の文化課及び両県の技術指導機関によって、結城紬の技術保持と精神的、物質的援護を目的に財団法人重要無形文化財結城紬技術保存会が設立されている。

以上である。