結城紬の特徴(特長) (現代編集 北村陵)

結城紬の特長
一般に紬織りといえば、節のある粗野ときめつける人が多い。しかし、これはあまりにも結城紬を理解していない人達の発言ではないだろうか。 養蚕家にとって、玉繭やのび繭を多く作ってしまうことは、致命的打撃であり、繭の商品価値を極めて下げてしまう。これの打開策として、玉繭やのび繭から真綿を作り、糸をつむぎだすことを考えたのである。従って正繭から繰り出した絹のように、光沢のある節の無い糸をつくろうとして、懸命の努力をはらったのである。真綿をつくるときは<ねり>といって、温湯の中で丁寧に繭をほぐしてゆき、しかも高度の技術を必要とする袋真綿を、あえて使用するのである。これは、角真綿に比較して、繭をひろげるときに個々の繊維に対し、無理がかからず、絹本来の有する捲縮性を温存し、しかもつむぐ糸が平にできるからである。

真綿はなめし加工後、つくしという道具にかけ、指先で糸をつむぎ出すのであるが、節があれば、これを丁寧に取り除く。指先の感で引き出し、ひねりつける糸であれば、当然のことながら糸の太さにむらがあらわれる。一般的には、作業時間が長くなり、疲労がたまったり、夜の仕事では糸が太くなる。これらの糸を組合わせて、織りあげる結城紬であれば、多少の節や糸の繊度班等による、ヨコ(緯)段や経(たて)筋は防ぎようがないのである。

こうした懸命の努力によっても、防ぐことができず、発生した節や筋を、あたかも結城紬の特長であるかのように、誇張する染織家が多い。また、他産地で紬を製織りする場合、わざわざ節糸を織り込み、節を強調することで、結城紬の風合いが出せると容易に考える人が多い。しかしこれらはまったく逆なのである。

袋真綿をつくしにかけ、丁寧に節を取り除きながら、引き出された手つむぎ糸は、撚りがまったく入らないため、このままでは織る事ができず、糊付け(小麦粉が糊となる)をして補強する。こうして経糸、緯糸とも糊付けの補強だけで、製織りしたものが平織りと呼ばれ、この技法が重要無形文化財に指定されている。

一方、緯糸に強い撚りを加えたものが縮み織りで、これは、温湯の中で<しぼ寄せ>をして、表面を縮緬状に仕上げる。平織りと異なり、シャリ感があり、単衣用として非常に喜ばれ、戦後は結城紬といえばこの縮み織りをさしたほどである。昭和40年代になると、消費者の趣向が平織りに変わり、現代は結城紬の99%が平織りである。

繭から直接糸に引いて織りなした絹織物は、きらびやかさを表に持ち、平安時代の貴族の趣味にあって、精巧絢爛な服飾文化を築き上げた。これにひきかえ、繭を真綿に加工し、これを指先で糸につむぎだした紬織物は絹のきらびやらかさを内に秘め、むしろ木綿風の素朴さを外に出し、これが鎌倉から室町時代の関東武家の衣料として、喜ばれることとなり、江戸時代には、粋人の間にも好評を博したのである。

結城紬の特長を述べるには、いざり機(地機)に触れないわけにはいかない。織物研究家の田島隆夫氏が、いざり機の特長を見事にとらえ次のように表現している。

<地機も高機も、どちらも手機(てばた)と言われておりますが、高機は手足は使っても体は使いません。地機は五体で織る機です。太っている人の裂はゆったりとし、やせている人の裂は、しっかりとしているのだと、年寄りは言います。これは、臂力の差ではなく、人間の体の現れ方の違いです。人柄といってもいいでしょう。年寄りの言うように、織り手によって裂の違うわけは、言うまでもなく、人間が道具の一部になることに原因します。機織りは調子が大切です。調子に乗るためには、謙虚に機仕事に従事することです。何十反か織るうちに、知らぬ間に、腰が出来ていたと言うことになりましょう。調子に乗って織られた裂は平で、静かで、魅力的です。地機の裂をことさらひなびて、筋立って、粗く味っぽいものと考えたり、また、それを意図したりすることは、大変な見当ちがいと言うべきです。そういう下手(げて)に偏した、今日的な見方で地機を解釈しておりましたら、いつになっても、地機を理解することはできないでしょう。無論糸によって節も出ますし粗い裂も出来ますが、よく織られている裂は、それなりに平なはずです。、、、、>

全工程を手作りによって、絹の本質を迎えることなく織り上げた結城紬は、通俗的表現であるが、次のような特色を持っている。

1、着物自体が軽く、温かい。

2、しわになりにくく、丈夫で裾切れが少ない。

3、洗い張りをする度に光沢を増し、毛羽も取れて風合がよくなり、体になじむ。

4、染色堅牢度が高く、変色や脱色がしにくい。

以上である。