撚糸機 全ニ種 (結城市史第六巻補足)

イタリー式(撚糸機) 白色がベルト。軸(スピンドル)をベルトで回転させて撚り、糸をまく。
八丁式(撚糸機) 八丁式のほうが撚糸機としてはメジャーであったとある。こちらのほうは、今も撚り機として販売されている。

 

(a)バンド式立錘五台、は現在、イタリー式に近い撚糸機ではないだろうか。

スピンドル(軸)をタテ方向に設置し、ベルトで回転させ、撚った糸を巻き取る。