結城市の歴史 近代結城のなりたち

引用 参考書籍 結城市史 第六巻 近代現代通史編 発行:結城市  編集:結城市史編さん委員会

 

明治期の諸産業  1 結城織物業の発展

明治中期の結城織物業の動向

紬の生産高の漸増

紬の生産高は明治20〜30年代を通じて漸増傾向にあり、明治20年代には15000反から二万反、

30年代では二万反から三万反である。これ以後、明治期には三万反台の水準を維持していく。

この間、1901年(明治34)の恐慌期および1904年〜05年(明治37〜38)の日露戦争時には

紬の生産は減少した。

 

<明治諸産業 つづく >