結城市の歴史 近代結城のなりたち

引用 参考書籍 結城市史 第六巻 近代現代通史編 発行:結城市  編集:結城市史編さん委員会

 

明治期の諸産業  1 結城織物業の発展

結城木綿織物の衰退

結城木綿織物は明治20年代には一万反から二万反の水準にあったが、1902年(明治35)には四万

四千反台にまで増加したのが、翌年から減少し始め1908年から後は急激に減少した。高機織も結城

付近では<明治の初年より20年の頃までは斯業の専門家多少之れありしも、漸々(次第に)衰微して

、、専門家殆ど地を払ふに至れり>という状況になった。これに反して、石下地方では1877年(明治

10)以降、高機織がしだいに発展し、1887年(明治20)の頃より関西地方へまで販路を拡張し、

1896年(明治29)には30万反以上となり、1897(明治30)にも年間産量20万反以上となった。

結城の問屋でも石下木綿生産高の約半分を売買していたから、結城の高機織の生産(取り扱い)反数は

統計上では明治20年代後半には五万反にも達したが、日露戦争期から急激に減っていった。1911年

(明治44)には、結城の木綿織物全部でも、わずか6500反になった。このように明治20,30年代を

通じて結城紬は漸増傾向を保ったのに対し、結城の木綿織物の生産は(石下木綿とともに)、明治30

年代末期から大幅に減少した。

 

<明治諸産業  つづく  >