結城市の歴史 近代結城のなりたち

引用 参考書籍 結城市史 第六巻 近代現代通史編 発行:結城市  編集:結城市史編さん委員会

 

明治期の諸産業  1 結城織物業の発展

 

力織機を導入しない綿織物の運命

織機をみても、先進機業地帯では明治30年代後半にはバッタン高機または力織機の導入が見られた。

絹織物でも伊勢崎や米沢などでは急速にバッタン高機や力織機が普及し、流行の柄や色を取り入れた

安い絹織物が大量生産されて、大衆に歓迎されるようになった。一方、綿織物も遠州地方における

力織機の導入により、大量生産による価格引き下げが可能となり、結城の綿織物はしだいに立ち打ち

が困難となっていった。結城木綿は1903年(明治36)に第5回内国勧業博覧会で二等賞を獲得した

のが、最後の受賞となった。この事実は結城木綿の衰退をはっきり示している。

 

<明治諸産業  つづく  >