結城市の歴史 近代結城のなりたち

引用 参考書籍 結城市史 第六巻 近代現代通史編 発行:結城市  編集:結城市史編さん委員会

 

養蚕業の発達

幕末維新期に結城地方をとらえた蚕種製造熱は、外国輸出の急速な減退により一頓挫を

来たし、これに代わるように登場したのが養蚕業であった。明治十年代になると、

生糸輸出のための製糸業とその原料繭の生産が、殖産興業政策の中核的位置を

占めるようになったからである。

結城地方は、新治、真壁両郡とならぶ県西養蚕の中心地であった。県の勧業政策の

中でも養蚕業の育成は重視され、養蚕の専門技師が置かれて各地の指導にあたった。

結城市域でこれらの指導を受けとめ、また地域農業の指導、育成の先頭にたったのは

広江嘉平、柴周平、小林徳太郎らであった。

広江嘉平は1873年(明治6)から桑を植え、翌年から養蚕を始めた。1882年

(明治15)には群馬県佐位郡 島村の田島弥平を訪れ、養蚕業全般について学び帰郷した。

その後も連年蚕業視察のため各地方を巡遊した。こうした巡遊から蚕具の改良も生まれた。

関根民吉は1875年(明治8)、群馬県から標本をたずさえて帰郷し、<角小形蚕籠>を

製作使用し、広江嘉平も1884年(明治17)、長野県から標本をたずさえて帰郷し、

<小角形腰立蚕籠>を初めて製作使用した。以上ニ種は結城地方で使用された蚕籠の

初めてであった。

柴周平は広江嘉平の弟で、のち絹川村大字中の柴家の養子となった。幼くして東京に

遊学することを父母に請うたが母の反対で果たさなかった。1883年(明治16)群馬県

下の蚕業視察および前橋桐華組ならびに碓氷甘楽製糸会社の組織等の調査をした。

1884年には兄の命により駒場農学校の現業部見習生となり、蚕業および農業を研究、帰郷

している。

結城町小塙地区は、田川沿岸の沖積土が蚕種、養蚕に適しており、そのため田川沿いの

地を利用して養蚕が明治初年からさかんに行われていた。

同村の小林徳太郎はわけても熱心な一人で、1886年(明治19)埼玉県児玉郡青柳村の

共進社に入社して養蚕業を修得した。翌年彼は共進社長木村九蔵を小塙に招き、

乗国寺で蚕児飼育の講習会を開催するなど、当地方の養蚕業奨励に努めた。

小林はまた<蚕業経営ニ共同ノ必要ナルコトヲ感シ違蚕者生シタル場合ニハ

互ニ相救援シテ全然一人ノ失敗ニ帰スルナキノ方法ヲ講シ所謂相互救済ノ

目的ニヨリ同業諸氏ヲ勧誘シ明治二十六年ニ至リ十七名相会シテ>養蚕改良組合を組織した。

この組合がのちの小塙蚕業共同購買販売生産組合の母体となった。

以上にみるように、結城地方の養蚕業の普及、発達は明治十年代半ばから二十年代にかけて

目覚ましかった。当初は必ずしも多くなかった収繭量や桑園面積は1890年頃からしだいに

増加した。

1886年(明治19)一月、茨城県布達甲第七号で蚕糸業組合規則が定められ、各郡町村ごとに

組合が設置された。この組合は繭の売買方法および種類の規則、桑の栽培、管理、繭の貯蔵法、

蚕卵検査および蚕病予防、生糸製造方法など蚕業全般にかかわる規制、取締りを目的とした。

この組合に設置された取締所が各郡内の蚕卵紙の生産高、蚕種飼育高、収繭量を掌握するようになる。

また県の指導になる農事講習所が養蚕業の発展に果たした役割は大きかった。ことに1887年

(明治20)、88年に結城地方で開催された養蚕巡回教師による講習会や、矢畑村の広江嘉平館で

開催された農事講習所は大きな影響を与えた。

1900年前後になると、結城郡は全県の養蚕戸数の10%前後、収繭量は10%〜12%、桑畑面積も

9%を超え、県下有数の養蚕地帯となる。とくに戸数に比べ収繭量が多いのは、一戸当りの収繭量が

多いことを意味し、各農家経営における養蚕の比重が高かったことがわかる。1897年(明治30)創立

の結城町立簡易蚕業学校の役割が大きかったことも考えられる。こうした養蚕熱こそが、結城町に

蚕業学校を設置させる直接の基盤でもあった。

結城市域 の各町村の養蚕業はどうであったのか。旧結城郡の養蚕業を概観することにより、それにかえよう。

1895年(明治28)養蚕農家は旧結城郡農家総戸数の29.4%、専業農家の48.2%に達し、一戸当りの

収繭量は2.2石で、同じく一戸当りの桑畑反別は2反9であった。桑畑反別には桑園の反別のほかに、

畑の周囲や屋敷地などに植えられている桑の株数から換算したものが見込反別として加えられているが、

平均畑反別が一戸当り8反歩であることから考えて、個々の養蚕農家の畑反別に占める桑畑のウエートは

相当大きいものであったことがわかる。1888年(明治21)、結城、岡田、豊田三郡蚕糸業組合事務所が

行った旧結城郡の桑園と他作との収益比較である。桑園経営は水田(米)や畑作(大豆、麦)に比べて

かなり高い収益をあげていた。養蚕業の発展する状況を知る一史料として注目される。

 

<養蚕業の発達 終わり>